恋愛心理学的彼女が出来ない理由 恋愛は美味しいとこだけ味わうわけにいきません

恋愛心理学的彼女が出来ない理由

「彼女がほしいのにできない」という人には意外にも共通点があったりします。必ず当てはまるというわけではないかと思いますが、思うところを書いてみようと思います。

まず、「彼女がいない」ということを誰にでも頻繁に言うと言うことで、女の子から敬遠されている気がします。どうしても彼女欲しさにぎらぎらしている感じがしてしまいます。

ただ「彼女がいなくてさみしい・・・」など、冗談まじりに言われる分については、あまり何も感じないですね。

あとは、無理していることがみえみえの人。本当はあまり騒ぐのが好きじゃないのに、その様に振る舞っている人。静かなのが好きならそれでいいのに、なぜ無理しているのかな?と思ってしまいます。

上手に無理しているのなら、彼女ができてから少しずつ自分を出していくということもありえますが、明らかに無理をしている感じの人にはあまりいい印象は持てません。

本当の自分のままでいても、必ず良さを理解してくれる人がいるはずですので、無理をしてまで気にいられようとするのはあまりいい方法とはいえないのではないでしょうか。

以上のことは、あくまでも個人的意見であり、独断と偏見もあるかと思います。ただ、少しだけこの部分を変えれば性格はいい人だからうまくいくはずだと思うことが多いので、その点をまとめてみました。

そういう方々を見ていると、自分でチャンスを逃しているように見えて、とてもとってももったいない気がします。是非、ご自身についてもチェックしてみてくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。