友達から恋人になるための恋愛心理学 恋愛は美味しいとこだけ味わうわけにいきません

友達から恋人になるための恋愛心理学

長い間友達関係を保ってきた人を好きになってしまったとき。そういう相手と結ばれることってすごく難しいことだと思います。

「この関係が壊れてしまう位ならばずっとこの想いは伝えなくっていい」なんて思ってしまいがちですよね。

それもすごく分かりますが、想いを伝えなければ今の関係は壊れない可能性がある分、それ以上に進展することもありません。

それは分かっていても、実際に言葉にするのは本当に難しいですね。

そんな時は、冗談を交えながら相手の反応を見てみるのも1つの方法です。あくまでも重くならない程度に、さりげなく本音を混ぜて話をしてみてはどうでしょうか。

例えば、会話の中で「好きな人いる?」という話になったら、「私の好きな人はあなただよ」なんて言ってみると、相手の反応がとてもよく見えます。最初の反応はかなり慌てているかもしれませんが、そこですかさずあなたが「冗談だよ、そんなわけないじゃない」などとかわします。

この時、落胆した様子であれば脈があるかもしれません。反対に、ホッとした様子や「もし本気だったら困る」というようなことを言われてしまったら、もう少し様子を見るべきでしょう。

もし、友達に思い切って告白したけれどふられてしまった時には、今まで通りの友達ではいられなくなってしまうと思いますし、一気に落ち込んでしまいますね。

でもそれがきっかけで、相手に対する見方が変わる可能性もあるように思います。友達でなくなって初めて見えることがあるのではないでしょうか。

どうか、あなたにとって大切なタイミングを逃してしまわないように・・・。
この記事へのコメント
今日も・・・曇り空・・・いつになったら・・・晴れるの?

日曜日・・・朝から・・・パソコン見ています。

しつれいしました・・・


Posted by ☆みーちゃん☆ at 2008年06月29日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94148367
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。