20代前半の恋愛相談 恋愛は美味しいとこだけ味わうわけにいきません

20代前半の恋愛相談

思春期を過ぎて大人になりかけた20代の前半になると、恋愛の傾向や好きになる異性のタイプ、自分自身にとってこの先何を求めていけばいいかなど、今までの出会いや人生経験から、自分自身のことが少しずつ分かり始め、相手の男性のことも分かり始めるのが20代前半です。
大人になりかける20代前半の時期、最初のうちは戸惑うことが多いものです。

「男性を好きになるということが、どういうことなのか分からない」20代前半の女性からの恋愛相談の内容で、こういった恋愛自体を認識しづらいという相談内容がありました。

あなたにもこんなことが、心当たりありませんか?
いつも自分と似ている人を好きになる。いつの間にか好きになった人と同じ趣味・習慣になっている。
この現象は、あなたの遺伝子が命令しているのです。性格が付き合った相手と似てくる、音楽の趣味が同じようになる、ファッションも同じ傾向になる等々、これを同一化現象といいます。
たとえば犬の場合では、生まれてからずっと室内で育ってきたオス犬は、人間しか知りませんよね。
初めて外に出てメス犬と出会っても、すぐにはその自分と似ているメス犬を異性として、とらえることができないのです。でもやがては、ちゃんとメス犬を(本能的に)好きになります。そして交尾もできるようになるのです。

これは遺伝子が命令するの同一化の力によって起きている現象です。自分自身と似ているものには好意を持つ仕組みを遺伝子が作っているのです。
普段、普通に生活していて自然に起こる感情が恋愛感情なのです。人を好きになると言うことは、自然に恋愛感情が起こるような遺伝子の仕組みです。
好きになろうと無理に努力することなど必要ありません。
自分を好きな人に自然に合わせていくことが大切だということも、犬の例で考えるとわかりますよね。

20代前半の女性からの恋愛相談で、多いものがもう一つあります。
『愛は追いかけると逃げるの?』という恋愛の相談もよく耳にします。それは自分の気持ちをどうやってコントロールすればいいかということですね。

PEA(フェニールエチルアミン)という脳内物質をご存じでしょうか?
人は異性に恋愛感情を抱いているときPEA(フェニールエチルアミン)という物質が脳内に分泌されます。
このPEAの作用によって、恋愛対象の人を好きになるといわれています。
このフェニールエチルアミンは、恋愛の媚薬と考えてもいいと思います。フェロモンとは違いますよ。そしてPEAは、何故か追いかけられると脳内に分泌しなくなるそうです。
よく聞く言葉に「恋愛は駆け引き」と言う言葉がありますね。恋愛には本当に駆け引きが大切なのです。

相手のPEAを分泌させられるかどうかが、駆け引きの本質的な意味になります。

でもその人を好きで好きで仕方ないときは、追いかけると逃げると分かりながら、大好きなら追いかけてしまいますね。
もちろん、追いかけるべきタイミングもあります。その場面やタイミングの見極めのスキルも恋愛上手のポイントになりますよ。

あなたのような20代前半の時期の恋愛は、もっとも輝いている人生の季節での恋愛なのだと思います。特に女性は髪も肌も綺麗で、スタイルもかわいい年頃ですよね。
その輝いている人生の季節に、輝いている素敵な恋愛をたくさんしてくださいね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。