恋愛は美味しいとこだけ味わうわけにいきません

向き合ってください

晴れの日があれば、雨の日もあります。
いい事があれば、悪いことだって起きます。
そんな当たり前の事、みんな知ってます。
私なんて・・・、こんな風に思わないでください。

出会いがあり、別れがあり、いろんな人と、これからあなたは出会っていくのです。
そして、あなたの身に起こっている事すべては、あなたに今必要なことなのです。
そこから、何かを感じ、何かを学び、人は成長していきます。

今、あなたの身に起こっていることは、神様から与えられた、試練なのです。
いい事ばかりが起こっていても、いつのまにか、人はそれに慣れてしまいます。
そして、もっと、もっとと欲がでてきて、当り前の幸せを、幸せだと感じなくなってしまいます。

そして、失くして気づくのです。
だから、リセットしましょう。
初心に戻りましょう。

この失恋が、あなたにとって、意味のないものではありません。
この失恋から、得られるものはたくさんあるはずです。
あの時、楽しかったな、あの人のあの仕草、好きだったな、つらいこともあったけどいい恋だったなって、そんなふうに思えたら、素敵です。

そして、次、同じ過ちを繰り返さなければいいのです。
もし、その人が運命の人ならば、必ずまた、巡り合うでしょう。
だって、この世には、意味のないことなんて、何一つないのですから。

失恋であっても、それは、決して無駄なことではありません。
だから、怖がらないで。まず、あなた自身が正面から失恋を受け止めてください。

忘れないでください

今まで、当り前のように傍にいた人が、いなくなってしまうという事は、とても悲しいことです。
きっと、誰もが1度は経験していることでしょう。
失恋とは、本人にしかわからない苦しみです。
でも、その苦しみから逃げてはいけません。
たいていの人は、失恋したことを、友人などに、告げるでしょう。
でも、どんなに、その辛さを、他人に話したからといって、全てを分かってもらうことはできません。
人の、思いや考え方なんて、人それぞれなのですから、不可能にちかいです。

でも、決して忘れないでください。
そうやって、あなたの話を聞いてくれる人がいること、あなたのことを心配している人がいること、そして、その人たちは、あなたの事を応援しています。
あなたの事を、心から大切に思っています。

そんな人はいない。そう思う方もいらっしゃるでしょう。
では、どうしていないのでしょうか。
それは、あなたが他人に対して、優しくないからです。
自分は、しないのに、相手にはしてほしいなんて、そんな身勝手な話はありません。
まず、他人に優しくしましょう。
そしたら、きっと、あなたに手を差し伸べてくれる人が、必ず現れます。
人に優しくされたいのであれば、まずは自分から、人に優しくしましょう。

そして、みんな気づき始めます。
愛する人がいなくなっても、自分の周りには、自分を想ってくれている人たちがいることを。

すると、なんだか、心の中が、ほんのり、暖かな気持ちになりませんか。
そして、今まで、愛する人と共有した時間を、今は、自分を想ってくれている人たちと過ごしてみてください。
それは、けっして寂しさを紛らわすものでは、ありません。
今のあなたにとって、その時間は、必要なものなのです。

そして、一人になった時に、考えてみてください。
他にも、大切なことはいっぱいあることをです。
失恋したからって、今の時間を無駄にはしていけません。
今こそ、失恋という、マイナスイメージを、プラスにかえるのです。

とことん

失恋したあなた、まずは、とことん落ち込みましょう。
失恋したんですもの。無理に元気になる必要も、笑う必要もありません。
辛いでしょう、悲しいでしょう、泣きたい気分でしょう。
それは、当り前の気持ちです。誰もが思うことでしょう。

だったら、思いっきり、泣いてください。
思っていること、全てを吐き出して、失恋の音楽でもかけて、思いっきり、この失恋に浸ってください。
でも、この失恋気分に浸るのは、1週間だけと、自分の中で、期限をきめてください。

なぜなら、決めないとあなたは、永遠にこの失恋から立ち直ることは、できないでしょう。
そして、これからのいろんなチャンスを、あなたは自分から逃してしまう事になるのです。
だから、この1週間は、思いっきり失恋に浸って、そのあとは、前へ進みましょう。

そして、努力しましょう。
次は、もっといい恋、いい恋愛ができるように、自分を磨くのです。
その方法は、あなた自身で決めてください。
ダイエットをする、何か新しいものに挑戦するなど、いろいろあると思います。

すると、あなたの魅力が、また一つ、また一つと言ったぐあいに増えていきます。
そんな輝きだしたあなたを、周りがほっておくはずはありません。

いいですか。失恋モードのオンとオフの、この切り替えを、きっちり行ってください。
失恋モードをオフにしたなら、あなたはもう、この恋は終わったものだ、次の恋を探そうと、前を向いて歩いていってください。
決して、後ろは振り返らないでください。
あなたは、もう充分に失恋に浸ったのですから。

あなただけじゃない

「もう、お前とは無理や、ごめん!新しい相手見つけてくれ」って突然、付き合っていた彼氏にメールでふられたって経験ないですか?
そして、携帯も変えられて、理由すらもわからないまま、そして聞くことも出来ずに連絡の取りようもないのです。
そんな事があったら、ただ、ただ呆然とするしかないですよね。
ただ、考えたら、辛くて悲しいのが正直な気持ちでしょう。

でも、私は思います。
相手がどうであれ、あなたが真剣に、その人の事を好きだった気持ちを、恥じる事はありません。
あなたはあなたなりに、その人を好きになって、その気持ちに偽りないことは真実です。
だから、決して、好きになった事を後悔しないでください。
失恋するという事は確かにショックでしょう。
でも、失ってみて、初めてこういう気持ちを感じることができます。
気持ちは物や形に表わすことはできません。
でも、あなたは今その目に、見えない自分の素直な気持ちと、少しずつ、本当に少しずつ向き合っていくのです。

時間が徐々にあなたの傷を癒してくれます。
まずは、普段の生活をちょっとずつ取り戻していく事を、心がけてください。
「彼との終わりがこの世の終わり」だなんて決して思わないで下さい。
そうしたら、きっと本当の自分を少しずつ取り戻していく事ができるようになるはずです。
その時間は、人それぞれです。1か月の人もいれば、1年かかる人もいます。
でも大丈夫です。どれだけ時間がかかったとしても、それは意味のないことではないから、あなたにとって、それは、大切な時間なのです。

とことん、納得がいくまで、自分と向き合ってください。
そして、今よりも、もっといい恋愛をしてください。

考えて、考えて

失恋した時、始めは本当に辛いですよね。
喪失感で、世の中の全てが終わってしまったような、そんな感覚になる人もいるでしょう。
そして、多くの人は、どうにかして、愛する人を忘れようと努力することでしょう。

皆さん、1度は、思ったことがあるでしょう。
1分でも1秒でも早く、この失恋を乗り越える方法はないのだろうか、好きな人を忘れる方法はないのだろうかということを。
初めて大失恋した人は、たいていそう思うことでしょう。

でも、早く忘れようと思っても、忘れられるものではありません。第一、無理です。

早く忘れなければならない、という思いばかりが焦ってしまい、全然忘れられない。余計に彼の事を考えてしまう、そんな事はありませんか。
こんなに好きでいる自分に、彼を忘れることは本当にできるのだろうか、と不安を感じてしまうことでしょう。

こうなったら、一度、とことん相手のことを考えてみましょう。
考えて考えて、疲れるまで考えるのです。

そして、あぁ、こんな自分じゃダメだなと思った時がチャンスです。
そう思えるようになるまでは気長に待ちましょう。
そう思えたときが、あなたが変われるチャンスなのです。

人間の気持ち・記憶というのはとても儚いものです。
あれだけ好きだったはずなのに、いつの間にか遠い昔のことのように思えてしまう日が来るでしょう。
一体、あの気持ちはどこに行ってしまったのだろう、と思う日が来るでしょう。

失恋をしたときは、自分を責めずに生きましょう。

恋愛が終わっても、過去の恋愛はあなたの中で行き続け、大切な経験、そして思い出・強さなどに変えてくれます。
そして、あなたがイイ女へなるステップアップに繋がります。
だから、時間をかけて、じっくり考えてみてください。

これはチャンス

失恋した?これは、チャンスです。あなたが、もっといい女になるために、神様が与えてくれたプレゼントです。
さぁ、今すぐに電車に飛び乗って、あなたの事を、誰も知らない場所へ行きましょう。
誰にも邪魔されないで、とことん、考えてみてください。

あなたは、彼のどんな所が好きでしたか。
どんな言葉が、嬉しかったですか。
一緒に、何をしましたか。
いつも、どんな会話をしましたか。
あなたは、彼に何をしてあげられましたか。
あなたは、彼に何をしてもらいましたか。
あなたは、どれだけ彼を大切にしていましたか。
どれだけ好きでしたか。

いろんな、気持ち、思いが込み上げてくることでしょう。
どれだけ長く付き合ったかは、問題ではありません。
あなたが、その恋に、どれだけ真剣に向き合ってきたのか、それが一番大切なことです。
そして、その恋は、終わりを迎えました。
それを、自分の中でしっかり刻み込んでください。

さぁ、お洒落をして、でかけましょう。
あなたが、今思い描く、行きたい場所に、行きましょう。
そして、やりたい事を、我慢せずに、全てやってしまいましょう。
おいしい物を食べて、エステにも行ってみましょう。
すべてをやりつくしたら、鏡を見てみてください。

「こんな自分も、まんざらではない、私もまだまだやれるわ」そう思えたら、あなたは、もう大丈夫です。
思えなければ、もう一度、振り出しに戻ってください。
思えるまで、繰り返し、繰り返し自分磨きをしてください。

大切なのは、失恋したことを、マイナスのことだと思わないことです。
あなたには、今の彼よりも、もっともっといい人がいるということです。

さぁ、次の恋に進みましょう。

イメージ

まず、最初に、この世に、立ち直れないことなんてありません。
あなたが、失恋したからと言って、あなたの人生が終わったわけではありません。
あなたには、これから先、まだまだ楽しいことが、山ほど待っています。
その事を、まず心にとどめておいてください。

さて、それでは始めましょう。
落ちるところまで落ちてください。
考えてください。なぜ、このような結果になってしまったのかということをです。
彼の行動は、いりません。あなたが、彼に対して、とった行動全てを、思い出してください。
あなたが、これは、してはいけなかったと思う行動はありませんでしたか。
あなたが、彼を傷つけた言葉はありませんか。
彼を、悲しませたことはありませんか。

思い当たることは、次々とでてくることでしょう。
では、次は、このように考えてください。
次は、どんな恋をしたいですか。
どんな人と出会いたいですか。
どんな事をしたいですか。

このように、次の恋の恋愛シミュレーションをしてみてください。
それは、思えば思うほど、人の脳というのはそうなろうと努力します。
すると、自然と、あなたの運命はそちらの方向に導いてくれます。
なかなか、シミュレーションがうまく想像できない人は、本や映画などをみて、少しずつイメージを膨らませてください。

そして、今よりももっと、自分の事を好きになってください。
磨いてください。自分を愛してください。そして、人を愛してください。
そんな、輝き始めたあなたの事を、周りがほっておくわけがありません。
自信を持って、生きていきましょう。

次再開するときは・・・

大好きな彼から、突然「別れ」を告げられたら、それはもう、ショックで目の前が真っ暗になることでしょう。
もしかしたら、しばらくの間、放心状態かもしれません。
そして、ようやく、あなた自身が「事実」を受けとめられたとしても、その「つらい」気持ちが、癒されるには、多少「時間」というものがかかります。
それは、当り前のことです。

「別れ」の原因というのは、人それぞれですが、彼から言われたとしても、自分から言ったとしても、どちらにしても、心の「傷」は残ります。
彼への「愛情」の深さに「比例」して、「傷」と言うものは残ります。

まず、彼から別れを告げられたとき、女の人が絶対してはいけないこと、それは泣いて彼にすがることです。
「裏切りもの〜〜〜」なんて、絶対に口がさけても言ってはダメです。
だって、誰も何も裏切っていません。ただ、あなたと彼の間に「ご縁」がなかっただけなのです。
彼に、そんなことを言ったとしても、彼は、あなたを嫌いになる一方です。なので、ここは、きれいに彼と別れてあげましょう。

だって、彼の心は、もうあなたの元から離れてしまっているのですから。今さら、どうすることもできません。
でも、実は、まだチャンスはあります。
ここで、きれいに別れて、数年後、あなたと彼が再会したとき、あなたが、心と外見を共に磨きをかけて、ビックリするくらい魅力的になっていたら、彼はどう思うでしょうか。
当然、彼からアプローチされることも、考えられますよね。

でも、そのときは、微笑みながら、いってやりましょう。
「あなたとは、もう終わったことよ」って。
そして、もっといい男を、見つけてください。

彼への手紙

失恋したあなた、まずは、紙とペンを用意してください。

今は、別れたばかりで、つらいでしょう。あなたは彼への未練で、心はいっぱいなはずです。
そして最後に会った時、「こういう風に、ああいう風に言えばよかった」とか、「こういう風にいったら、事態は変わっていたのかな?」など「もんもん」としているはずです。
その「もんもん」としている気持ちを全て、彼への手紙にして、書いてみてはいかがでしょうか。

「○○くんへ・・・」から始まって、今の気持ち、そして、つきあいだして、楽しかったことや、いやだったこと、別れの原因をあらためて、自分がどう思っているかなどを書き出してみてください。
正直に、今の気持ちをありのままに、書いてみるのです。
きっと、涙をながしながらの作業になると思います。

でも、不思議なことに、涙をながしながら、ながした分だけ、心が軽くなっていくでしょう。
そして、彼への怒りや憎しみなど、たくさんの感情が、「書く」行為によって、心が整理されます。
そして「浄化」されます。
書くという行為は、カタルシス効果(浄化作用)があるのです。

ただし、間違わないでください。
この手紙は、自分の浄化のために書くものであって、決して、彼へ渡さないでください。

これを発展させたもので、「ロールレタリング」という手法があります。

それは、彼宛の手紙を書き、彼がそれを読んで返事をくれたとしたら、どのような内容の返事をくれるかを想定してみてください。
あなたが彼役になって、彼だったらきっとこんなことを書くんじゃないのかな・・・と思いながら、手紙を書くのです。
それを何回もくりかえしてください。

すると、見えてきます。
彼の本当の気持ちもわかり、自分もこんな態度が悪かったんだなと思うのです。
そして、自分の心を客観的に見つめなおすことができ、また、色々なことに気づかされます。

ぜひ、試してみてください。

愛する人と「さよなら」した後は・・・

恋人と別れた直後というものは、ひとりになった、孤独になってしまったということです。
どんな別れ方をしたかにもよりますが、あなたは今、とにかく新しいスタート地点に立ったのは確かです。
それを、決して「振り出しに戻った」とは言わないでください。
あなたは、すごろくの振り出しに戻ったのではなくて、新たなスタート地点に立ったのです。

恋愛というのは、お互いに発見し合うことです。
彼は、こんな人だ、優しい、以外に怒ったら怖い、など、さまざまな出来事を通して、相手を知っていきます。
恋の始めは、それが大きな喜びになります。
知らなかった相手のいろんな一面を見ることが出来るということは、恋の大きな喜びと言うものなのだと思います。

そして、関係が深まるにつれ、今度は、落ち込んだり、不本意な思いをしたり、どうしても乗り越えられない、何かが出てきたりします。
どのような、カップルでも、このような問題は、必ず出てくるでしょう。
問題は、その問題に対して、お互いがどれだけ解決しようとするのかというところにあります。
本当に、相手の事を大切に思っているのであれば、ふたりを続ける努力をするでしょう。
でも、別れてしまったということは、やっぱり続けていくことが、困難な相手だったということです。

とてもドライな考え方と思われるかもしれないですが、このように考えた方が、生きやすいです。
もちろん、このように考えられるまでには、時間と涙を必要とするかもしれません。
だから、愛する人と別れた直後というのは、とても大切にしないといけないのです。

実際に、その場面にでくわしていると、そんな余裕はないかもしれませんが、上手にその時期を過ごすことで、心の柔軟性は違ってくることでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。